妊娠中の子連れ旅行の宿探しや注意など

妊娠中の子連れ旅行が決まったら、
行き先にもよりますが宿探しと移動手段を考えないと!

 

今では宿探しから予約までインターネットでできるので便利ですよ。
ちなみに私が宿探しに利用したのは次のサイトでした。

 

Sponsored Links

妊婦の子連れ旅行の注意とポイント

赤ちゃんを旅行に連れて行っていいのは?
  • 注意:生後4ヶ月頃までは人混みNG!近場にとどめるべき
  • ポイント:生後半年あたりから医師の了解を得られればOK!

生後6ヶ月くらいには離乳食スタートしてるかな。
だとしてもまだ市販のベビーフードだけで十分代用できるくらいの量しか食べられませんよね。

 

赤ちゃんと一緒の宿に泊まる時の注意とポイント
  • 注意:部屋の備品を壊されないよう赤ちゃんから目を離さない
  • ポイント:生後6ヶ月まではベッドが置かれた部屋より畳の和室を選ぶこと!
  • ベッドからの転落事故を防ぐため

 

赤ちゃんと泊まる宿選びのポイント
  • 大広間でなく部屋食OKな宿を選ぶ
  • 妊婦と赤ちゃんが一緒でも温泉に入れるか確認する
  • 移動中、1〜2時間を目安に休憩できるコースで行けるところにする
  • 離乳食を温めるための電子レンジの利用が可能かを確認
  • 妊婦と赤ちゃんが一緒でも利用可能かを確認する

 

妊婦と赤ちゃんの両者にとって負担がないように
  • 移動中の水分と休憩はこまめにとる
  • 赤ちゃんの授乳や離乳食はちゃんと時間通り与える
  • 荷物は多くなるけど必要なものはちゃんと持っていく

 

赤ちゃんのための持ち物チェック
  • 赤ちゃんの気をそらす、ご機嫌を取るためのオモチャ、おやつ
  • おむつ、おしりふき、オムツ交換後に汚れものを入れるポリ袋、オムツ替えシート
  • 下着や洋服は吐く、漏らすなどのために一式余分に持つ
  • 哺乳瓶などの容器、ミルク、熱湯入りの魔法瓶
  • タオルは多めに用意する、大きめのバスタオルがあれば授乳用ケープ代わりにもなる
  • 暑さにも寒さにも対応可能なように羽織るもの等を用意
  • ママ用にも赤ちゃん用にも紫外線対策用アイテム
Sponsored Links