安産・子宝祈願したい妊婦のための旅行プランの立て方

妊娠5ヶ月目に突入した最初の戌の日に、安産祈願しに神社へ行く計画をしている人!
「ついでにそこで観光もしたい!」ってなりません?

 

私はこういうタイプでした!せっかく行くんだから楽しまないと!みたいな。

 

でも神社といっても地元ではなく泊りがけで行く場合、
各地域でおススメの神社があるから選ぶのが正直大変でした。

Sponsored Links
 

安産・子宝祈願したい妊婦のための旅行プランの立て方

必要な確認をする!
  • 神社あるいはお寺に問い合わせて祈祷の時間を確認する
  • 特に服装に決まりはないと思いますが一応確認
  • 誰とお参りに行くか決める(私は夫と2人で行きました)
  • 各神社、各お寺などで風習などが違うので事前に確認
  • 事前予約は必要か確認
  • 予定している日時、曜日は普段どれだけ混み合うか確認
  • 初穂料(はつほりょう)という料金はいくらなのか確認
  • 腹帯はした方がいいか、そこで売っているかどうかを確認
  • 腹帯のお祓い料はいくらかを確認
  • ガードルタイプの腹帯、コルセットはお祓いしてもらえるか確認

 

どこの神社・お寺にするか決める

安産祈願できる神社やお寺って全国にたくさんあるんです。
旅行がてらで行くなら宿泊先も確保しないといけませんが、
まずはどこでお参りするかを決めましょう。

 

お宿を決める

妊婦さんが安産祈願目的で旅行するなら、
お参りする場所から近いところでお宿を探すのがイイです。

 

妊婦専用プランを用意していて近くで安産祈願できるお宿もあるので、
問い合わせの際に確認してみてください。

 

安産祈願ができて、
天然温泉も楽しめて、
料理もある程度融通がきくところだと最高!

 

楽天トラベルやじゃらんなどトラベルサイトで宿検索できます。

 

観光できる場所をチェック

安産祈願だけでなく観光もしたいなら観光地のチェックも忘れずに!
移動距離や移動手段、時期によってどれくらい混み合うのかなど。
妊娠中だから無理なスケジュールは立てず時間に余裕を持って楽しめるところを探しましょう。

 

産院をチェック

妊婦の体はデリケートなので何があってもおかしくないんです。

  • 行動範囲とその周辺の産院がどこにあるのか
  • 受付時間、夜間も対応してもらえるか

などをチェックしておくと安心です。

 
Sponsored Links