妊婦が電車で旅行に出かける時に用意しておくと便利なもの

移動手段が電車の妊婦の旅行は気をつけたいことがあります。
それに伴って電車で出かける時に用意しておくと便利なものもあるんです。

 

マタニティーマークをかばんにつけておく

旦那さんと一緒の旅行なら気遣ってもらえるでしょうけど、
周りの人がぶつかったりしないよう自分が妊婦だとわかるようにしておくといいです。
旦那さんと離れている時でもやさしい人は気遣ってくれましたよ。

Sponsored Links
羽織るものや膝にかけられる物を用意する

夏の暑い時期だと電車の中は冷房がきいてたりしません?
妊娠中の冷えは腰痛やむくみなどトラブルの原因になりやすいんです。
電車に乗る時は寒さ対策できる物を用意すると役立ちます。
ホッカイロなどをポケットに忍ばせておくのもいいですよ。

 

念のためおなかの張り止めもあった方がイイ

電車だとトイレがあるから頻尿になる安定期に入ってからでも大丈夫でしょうけど、
電車に乗ってる時間が長いとおなかが張りやすくなるんです。
だから、おなかの張り止めを病院で処方してもらって持参しました。

 

妊婦の旅行は電車より車をおススメします

インフルエンザなどが気になる時期なら、
電車ではなく車での移動がいいと私は思います。

 

マスクをしたところで完全に防げるものではないし、
妊娠中は抵抗力が弱ってるから罹りやすい状態にありますよね。

 

そういった時期的なことも考慮して「電車と車どっちがいい?」って聞かれたら、
私はたくさんの人と一緒の空間で過ごす電車よりも車がイイ!って答えます。

 

移動時間の問題も!
妊婦は移動時間が長くなるほど負担が大きくなるんです。
同じ姿勢でい続けることの負担は相当ですよ。

 

電車は座席がリクライニングしないから座りっぱなし。
対して車ならリクライニングで足を伸ばして横になれます。

 

休憩を割と自由にとれるのは車です。
電車だと周りの人の目もあるし席を立ってしまうと他の人に取られてしまう可能性が…。
その点車だったらトイレの他にもこまめに車を停めて休憩をとることができます。

 

荷物が多くなっても車ならヘッチャラ!

 

電車での移動だと荷物は全部持って移動しないといけなくなります。
でも車だったら荷物が多くなってもヘッチャラです。
特に子連れ旅行ともなればなおさらですね。

Sponsored Links