妊婦がバスで旅行することになっても車酔いせずにすむ方法

妊婦がバスで旅行するときに心配なのは車酔いじゃないですか?
せっかくつわりがおさまってきたところで車酔いは辛いですよね。

 

私もバスに乗ると自家用車とは違ったあの独特の揺れで酔っちゃうんです。
行きの段階で酔っちゃうと、せっかくの楽しいはずの旅行も台無し…。

 

妊婦が酔い止めの薬を服用後、何かしら赤ちゃんに影響があったという報告はないので、
どうしても心配なら医師に「飲んでいい?」って確認してから服用すればいいです。

 

医師に了解を得る時は実際に服用する酔い止めを持参して、
「コレ!飲んでいい?」って聞いてください。

Sponsored Links
 

酔い止めであろうと妊娠中はお薬飲みたくない!

 

妊婦がバスに乗っても車酔いせずにすむ方法

  • バスに乗る前日は十分に睡眠をとる
  • できるだけ指定席にして前から2〜4列目の席をとる
  • バスツアーなど予約するときは車酔いすることを伝える
  • アイスクリームなど胃に負担がかかる物は飲み食いしない
  • 妊婦でもあるので、おなかまわりを締めつける服装はNG
 

私が通う産院では市販の薬のことを医師に相談すると必ずと言っていいほど、
「なんというお薬ですか?」と薬の名前を聞かれるんです。

 

「その薬に含まれている成分を確認したいから」ということなので、

 

薬の相談をする時は薬の名前や成分表が記載された説明書などを持参するといいですよ。

 

それでなくても医師によって妊娠中の薬の服用は意見が分かれますからね。
酔い止めであっても相談する時は実際にお薬を持参して相談してみてください。

Sponsored Links