妊婦の国内旅行準備ガイド 〜マタ旅には危険がいっぱい編〜

結婚しても共働きだったのでほとんど夫婦2人の時間ってなかった気がします。
だからこそ妊娠中に夫と2人きりで思い出作りに旅行でも…と考えたんです。

 

でも…

 

マタ旅には危険がいっぱいだった!!

 

マタ旅っていうのは「マタニティ旅行」の略で妊婦さんが旅行することなんだってw
年々、いろんな言葉が流行るね。

 

危険がいっぱいってわかってても「安定期に入ったらいいんじゃない?」って医師に確認しないで勝手に判断しちゃう人もいるし、医師に確認して注意されたとしてもそれを無視して行っちゃう人もいるんだそうです。

 

こうした現状を踏まえて当サイトでは私も国内のマタ旅経験者として、
妊婦の国内旅行の準備に役立つ情報を提供していきます。

 

旅行すると決めたら
  • 妊婦が安全に楽しむために何が必要か
  • どんな宿を選ぶのがいいか
  • 安産など神社のお参りに関する情報
  • 万が一が起こった時の対処法
  • 旅先での産院の見つけ方

 

など経験談を交えながらお伝えしていきます。

病院で了解を得ようにも質問する相手によって答えが違う

病院で「妊娠中に旅行してもいいですか?」って聞いて了解を得ようにも、
質問する相手が違えば答えも違ってくるから結局のところ、

 

妊婦の旅行は何があっても自己責任!

 

だそうです。
つまり、

 

妊婦の旅行は行く前のリサーチと準備がとても重要!ってこと!

ただ注意したいのは、

 

妊婦向けの雑誌などでマタ旅を積極的にすすめてくる内容の記事を見かけますが、
そういった情報に振り回されてはいけない!ってことです。

 

私も自分で調べてみて初めて知ったことがたくさんあったんですが、
マタ旅って本当にリスクだらけだったんです。

 

もし旅先で万が一の事態が起こったら誰が責任とるの?

 

雑誌の記事の内容だけを鵜呑みにしてルンルン気分になるのもいいけど、
もう少しちゃんと現実を見た方がいいんじゃないかな。って思いました。

妊娠中に夫と2人だけの楽しい思い出を作りたいから

私は「妊婦の旅行にリスクがいっぱいある!」って了解したうえで決行することにしました。
夫との2人きりの楽しい思い出はもう、妊娠中の今しか作れないと思うから。

 

覚えておきたいのは、

 

マタ旅に「絶対」ってことはない!

 

ということ。
絶対安全だとか、絶対無事に帰ってこれるとか、絶対何事もないだとか…。
誰もそんなこと言いきれないから何があっても自己責任!

 

人気の観光スポットがある地元の人の話によると、
「旅行に来た妊婦が緊急で病院に運ばれることはよくあること。」だってw